ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[和食] 記事数:30

< 次の記事 | 前の記事 >


image

◎和食

三春
[茨城県日立市]

このエントリーをはてなブックマークに追加

創業70年の割烹料理店。
定期的に開くカフェイベントはユニークで評判

 JR日立駅海岸口から徒歩数分、海の近くにひっそりと佇む割烹料理店があります。目立つ表示はなく、「三春」と細い線の文字で書かれた小さな看板があるだけ。創業70年という時代の流れを感じる風情のある建物で、個室3部屋と大広間を配しています。生け花で美しく飾られた玄関で靴を脱いで中に入ると、そこは迷路のような廊下が続きます。アンティークの家具やオブジェが所々に置かれ、落ち着いた空間が漂っています。


 料理は吟味した食材を使い、目でも楽しめる上質な和の膳を提供。例えば、胡麻豆腐、蕎麦の実の鴨あんかけ、野菜の小皿、鶏むね肉・海老・帆立の塩麴風味など。季節の素材を織り込み、滋味に富んだ味わいが楽しめます。昼は1500円と2500円(各税別)。夜は4000円(サービス料税別)からのコース。前日までの予約が必要です。


 ほかに、評判のある笹巻きご飯もおすすめです。3日間かけて煮込んだ県銘柄豚肉ローズポークの具と、上質もち米のご飯を組み合わせた「笹巻きご飯常陸ローズポーク」は、笹の葉のほんのりとした香りに包まれた上品な味わい。具はローズポークのほかに、ウニ、時季により鰻もそろいます。1本800円で、進物用5本セットは箱入りで5250円。通販でも購入可能です。
 現在若女将として店を切り盛りする渡邉映理子さんは、「敷居が高い店に感じられる方も多いと思いますが、気軽にご来店いただけるよう、昼は1500円のメニューを加えました。また、月一回の日曜日にカフェイベント“Sunday cafe”を開いています。若い方から年配の方まで、多くの人に足を運んでいただけると嬉しいです」と。イベントでは、カフェ料理、「O’keeffe」(www.okeffe-sweets.com)のスイーツなどが楽しめるほか、北欧雑貨、音楽ライブ、紅茶とお菓子、ワイン会など、毎回異なる多彩な企画を準備。予定はHPを。「人との出会いや絆が広がり、たくさんの人たちに支えられ、“Sunday cafe”の内容も回を重ねるごとに面白いものになっていると思います。茨城の良さを全国の人に発信できる場にもしていきたい」。(K.K.)

住所/茨城県日立市旭町2-8-14
TEL/0294-22-1567
営業時間/11:30〜14:30
定休日/日曜・祝日

ページの先頭に戻る▲

>Tags:茨城県,

[和食] 記事数:30

< 次の記事 | 前の記事 >

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 9月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)