ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[ギャラリー・アート] 記事数:34

1-10 | 11-20 >


» ギャラリー・アート
こんこんギャラリー
[茨城県石岡市]

 人口約3万人の旧八郷町(やさとまち)。人々の暮らしと自然が調和する、日本ならではの美しい里山の風景が広がります。東京から程近く手つかずの自然が残るこの場所に魅入られ、様々なジャンルのアーティストたちが豊かな暮らしを送っているのも特徴です。「こんこんギャラリー」は、そんな旧八郷町在住の「ものつくり」メンバーが自主運営する、全国的にも珍しいギャラリーです。

» 続きを読む

» ギャラリー・アート
陶・器林
[茨城県笠間市]

 焼き物の町、笠間に異色の陶器店「陶・器林(とう・きりん)」が、2015年9月にオープン。場所は笠間焼窯元共販センターの前にあります。扱っているのは、沖縄、三重、瀬戸、地元の笠間など、日本各地の作家ものの陶器。色彩、デザインがユニークで、こんな器が食卓にあったら楽しくなるようなものばかり。見ているだけでもイマジネーションが広がります。

» 続きを読む

» ギャラリー・アート
kikusa
[茨城県石岡市]

 日本人にとって身近で馴染み深い「杉」。杉をメインにした器や家具に、草木染めを施すという独自の作風を追求する工房「Japonica(ヤポニカ)」。そんな唯一無二の木工作品に触れながら、美味しい珈琲と軽食がいただけるのが、石岡市の八郷にあるwoodwork&coffee「kikusa」です。

» 続きを読む

» ギャラリー・アート
もうひとつの美術館
[栃木県那珂川町]

 栃木県の那珂川町にある「もうひとつの美術館」は、【みんながアーティスト・すべてはアート】をキャッチフレーズとし、ハンディキャップを持つ方たちの作品を中心に企画・展示している美術館です。2014年現在、同じような趣旨の美術館が数カ所在りますが、国内初で先駆けとなったのが、2001年に開館したこの「もうひとつの美術館」でした。

» 続きを読む

» ギャラリー・アート
もえぎ本店
[栃木県益子町]

 益子の中心部から少し車を走らせて、ガタガタと舗装もされていない道を進んでいく。どこまで行くのだろうと思ううちに、目の前に現れた急な坂を上ると、緑の景色の中にそのお店は現れます。

» 続きを読む

» ギャラリー・アート
Cloud Nine
[茨城県つくば市]

 築60年の亡き祖父の家を改装し、ギャラリーとして新たな息吹を吹込んだ浅川和哉さん。ジョージ・ハリスンの名盤「Cloud Nine」から店名をつけました。皆が幸せになれる新天地にしたいと願いを込めて。

» 続きを読む

» ギャラリー・アート
Gallery Saika
[茨城県つくば市]

 ひっきりなしに車が通る狭い道の一角に、「Gallery Saika」の密やかな看板を見つけます。小さな扉から中の様子はうかがえないので、ドアを開けるには少しの勇気が必要……。オーナーの海老沼彩花さんにそれを話すと「ギャラリーは入りにくい佇まいが当然よ。その気持ちを乗り越えた人にだけ、アートという秘密のお楽しみが待ってるの」と笑みをうかべます。

» 続きを読む

» ギャラリー・アート
808 GLASS
[栃木県鹿沼市]

 「子どもが町を歩いていて、ちょっと横を見たらガラスを吹いている人がいるっていうのも良いかなって」-工房“808 GLASS"は鹿沼市の住宅街にあります。店主・大山隆さんが土地選びについて発したこの言葉から、一瞬でその子どもの受ける影響を想像することができました。工芸品の産地でもなく、観光地でもない土地柄で、ただそこに当たり前のようにしてガラス工房があるとしたら...きっとその子にとって工芸は特別なものではなくなり、生活の中の一部として受け入れられていくでしょう。職人や工芸が身近に存在する機会を失った現代において、大山さんから描く工房のある場所は、まるで古き良き時代へタイムスリップするようでした。

» 続きを読む

» ギャラリー・アート
エカト
[栃木県日光市]

※この記事は、2012年2月に作成したものです。現在、実店舗での営業を休業されており、イベント出店や出張体験教室などを中心に活動しています。詳しくはfacebookをご覧下さい。

 日光市今市。「日光珈琲」や「Nikkoギャラリー」など人気スポットが並ぶ玉藻小路を歩くと「ワン!」と愛らしい声が聞こえてきました。
 「当工房の店長なんです(笑)」と、愛犬のモグワイくんを小脇にかかえた武井さん。ひらりと小雪舞う寒い冬の日。ストーブがじんわり暖めてくれる小さな工房で、自らもガラス細工の作家として活躍する武井さんにお話をお伺いしました。

» 続きを読む

» ギャラリー・アート
Taiga Glass
[群馬県利根郡]

 紅葉に色付いた山々を眺めつつ、取材に向かった10月の下旬。車で林道を登り看板を右に進むと森の奥に小さなガラス工房-Taiga Galssがありました。作家の畠山太雅さんの作品には不思議な魅力があります。わずか2、3cmほどのガラスは一つとして同じものは無く、どれも引き込まれてしまうような奥深いものを感じます。透明なガラスの中に封じられた模様は、花弁が幾重にも重なりまるで花が咲いたよう。一方は藍色のガラスの中に金の粒が浮かび宇宙のような雰囲気、もう一方は幾何学模様にも似た神秘的な曲線の形-。

» 続きを読む

[ギャラリー・アート] 記事数:34

1-10 | 11-20 >

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 3月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)