ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[ユタリナ・カフェ手帖 Date:2008] 記事数:32

1-5 | 6-10 >

Cafe結+1

茨城県の北部、常陸太田市の昔ながらの商店街の中にそのカフェはあった。外見は本当に古いただの一軒家なのだが、空から柔らかい光が差し込み私を店内へと導いてくれた。客席にはこの商店街の人達が何気なく座って、町おこしの企画などを話し合っていた。カウンターには、母娘でお茶を楽しんでいる姿が見えた。何ともゆたりとした長閑な光景なんだろう。

Trackback(1) Comments(4) by 吉川永里子|2008-12-27 12:12

Souts Kutte

カフェを探し続けて、茨城県内のあちこちへ車を走らせていたせいか、水戸から筑西への約1時間の道のりを特別なものに感じなくなっている。はじめは遠いと思った場所へも、最近では“ランチ”だけの目的で行けるようになった。今日も予々取材したいと思っていたスーツ・クッテの取材前に、ちゃっかり友人であるつきさんとRAGBAGでランチを済ませていた。

Trackback(0) Comments(5) by 吉川永里子|2008-11-13 11:11

ガーデンカフェぬまもと

 水戸市を出発し、東京方面へと車を走らせている道中に立ち寄った、茨城県牛久市。山間の進み少し道が開けた場所に、素敵な佇まいのカフェを発見した。軽くティータイムでもと、気軽な気持ちで車を停めたのだが、建物の裏にある庭が目に飛び込んできた。初めてこのカフェを訪れたこの時はちょうど5月頃で、庭にある大きなヤマボウシの花が見事に咲き誇っていたのだ。

Trackback(0) Comments(2) by 吉川永里子|2008-09-20 11:11

MAPLE CAFE

 夏休みも終わりに差しかかり、思いたって水戸から北へ向って太平洋沿いをドライブ。久慈川を渡って、風を感じながら日立港を望むと目的地はもうすぐ。以前もっと北のカフェに行ったときに、腹ごしらえの場として寄った事があったメープルカフェ。今回は夏らしい時間の過ごし方として、ドライブと海沿いでのおいしいランチを目的にした。久しぶりにカフェタイムのためだけに車を走らせると、いつもかかっているカーラジオも特別なものに感じる。気分をワクワクさせながら駐車場に降り立ち、古房地鼻に立つ灯台を眺めた。

Trackback(0) Comments(2) by 吉川永里子|2008-08-27 16:04

珈琲倶楽部ぷちろーど

 茨城県の南東に位置する潮来市。菖蒲祭りが有名で、6月には街のあちこちが観光客でいっぱいになる。以前鹿行方面へカフェ探しの放浪旅へ出かけた時に、潮来でお茶できそうな店として目星をつけていた。霞ヶ浦から流れてくる常陸利根川のほとりに、大きなクラシカルな看板を出してその店は建っていた。駐車場の脇に焙煎室らしき部屋が見えたので、これは間違いないだろうと思い車を停める。長旅の末ようやくありつけたカフェに心躍らせながら、可愛らしい扉を押し開ける。

Trackback(0) Comments(2) by 吉川永里子|2008-08-18 16:04

[ユタリナ・カフェ手帖 Date:2008] 記事数:32

1-5 | 6-10 >

image
Bloger
吉川永里子
Erico Yoshikawa

» プロフィールを見る

丁寧なケ、素敵なハレ
丁寧なケ、素敵なハレ

» 最近の記事
» カテゴリ
» 以前の記事
» 最近のコメント

ゆたりブログ



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)