ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[鯨エマの海千山千] 記事数:1735

< 次の記事 | 前の記事 >

適当なことば

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット上で、ある申し込みフォームに打ち込んでいた時のこと。
性別選択のところで、
「男」「女」のほかに「その他」がありました。
おお、、、、、時代は着実に変化しているんだなあ・・・
と感じる一方で
「その他」にかわる、いい言葉がないものかと
ちょっと、この選択肢を作った人に
イチャモンつけたい気持ちになりました。
でも、「じゃあ、何がいいよ」っていわれると、私もいい言葉は思いつきません。
でもね、「その他」ですませるのは、
じゅっぱひとからげ的な感じがして、やっぱり違和感があるのです。

image

適当な言葉がなくて困っていることが、最近もう一つあります。

芝居の稽古の時の「ダメ出し」に代わる日本語が、思いつきません。

「ダメ出し」という言葉に、誰が最初に「待った!」をかけたのかわかりませんが
とにかく最近は「褒めて、上げろ」的な演出、演技指導が主流なようで
かつてのように、役者を叱る、どなる、みたいなことは流行らないんですね。
(聞いてますか?天国の蜷川さん!)
いや、流行らないというか、そんなことしたら若い人たちはみんな辞めちゃうということか?
または、アメリカ手法に移行しているのか?
アメリカ人の演出家のWSに参加したことがありますが
「ワンダフル!」の連続で、それまで褒められたためしがなかった私なんかは
かえって居心地が悪くなったくらいでした。

では。
「ダメ」を出すのがダメならば、さあ、なんというか・・・・・・

「まる」を出す「マルだし」では、なんか品がないですね。

先日かかわっていた芝居では
「ダメ出し」の代わりに「では、10分後にチェックします!」
と言っていました。

「ノート」っていうところもあるようです。
実際に使うときには「ノートします」になるのかしら・・・・
しっくりこないなあ。

私が考えるに、稽古の時の「ダメ出し」は
「サゼスチョン(提案)」がいいと思うのですが
いちいち「サゼスチョン」というのは舌を噛みそうで
それに相当するよい日本語が思いつきません。
もちろん「提案します」なんて、なんだか恥ずかしくていえません。

そんな話を、かんじゅく座の稽古場でしていたら
「ダメ出し」のほうがピリッとしていいですよ、なんていう意見がでて
「そうねえ」「うんうん」なんて同意する人がいるじゃありませんか!
いっつも私が丁寧に説明しても「おこられた」「しかられた」と
人聞きの悪いことばかり言うくせに、
こういう時には妙にストイックな発言!
憶えておくからね!!!!

・・・・まあ、私が憶えていたって、本人が「そんなこと言ってません」といえば
意味はないんですけどね。
最近わかってきましたが、高齢者の愚痴は、時に「暇つぶし」
または「口さみしいから」みたいなものなんですね。

というわけで、誰か、「ダメ出し」に代わるいい日本語ありませんか!
褒めて、上がるんなら、積極的に言いますから!!

Trackback(0) Comments(0) by 鯨エマ|2017-10-02 00:12

[鯨エマの海千山千] 記事数:1735

< 次の記事 | 前の記事 >

image
Bloger
鯨エマ
Ema Kujira

» プロフィールを見る

» 最近の記事
» カテゴリ
» 以前の記事
» 最近のコメント

ゆたりブログ



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)