ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[鯨エマの海千山千] 記事数:1742

< 次の記事 | 前の記事 >

かんじゅく座、今年は農に挑戦!

このエントリーをはてなブックマークに追加

かんじゅく座の今年の稽古が、先週からスタートしました。
毎年恒例の初もうでを済ませ、稽古に突入。
私が年末年始に台本をかいて、
それを新年の稽古から本読みするのが例年のパターンですが、
毎度のことながら、まだまだ執筆中で
稽古初日も12ページのみ配布となりました。

ただ、企画自体はずいぶん前から温めていました。
テーマは「農」。
いろんな問題を考えていると、「農業」とか「食」の問題に
突き当たることが多く、
これはきっと、畑になにか、すごいテーマが隠れているような気がしていました。

じゃあ、何の畑に使用か・・・・・・
ずいぶん前になりますが、
私の創った映画を上映してくれた人が、岡山県のトマト農園の方でした。
そのときから、トマトがずっと気になっていて、
朗読劇のテーマに「トマト」を取り上げたことがあるくらい、
トマトは気になる存在。
あの真っ赤な色の内側に、すごい情熱が潜んでいるような気がしませんか?!

偶然ですが、夫の弟も、以前はトマト農園で働いていたとか。
それで、こんなに気になるなら、「ご縁」の証拠と思い
昨年から、いくつかのトマト農園を調べたり、実際に訪問したり、
していました。
そこにはトマトはもちろんですが、作る人の生活があります。
そして、作る人の目線の先には、消費者、つまり私たちがいるんですね。
だから、畑というのは、毎日毎日私たちが関わっているところです。

農業に携わっている人の仕事スタイルや、はじめたきっかけ、も様々で
話していても、先行きの見通しを、すぱっと明るく語る人、
実は毎日「いつ辞めようか」と考えている人、いろいろでした。
高齢の方もいれば、若者もいます。

さあ、それを芝居にするわけです。
でも、私もふくめ、座員はほとんどが、農業なんて経験のないものばかり。
それで、たった5か月になりますが、公演が終わるころまでみんなで畑をやろうと提案しました。
素人にも失敗が少ないジャガイモがいいんじゃないかしら?
栽培、成長の過程を楽しみたいのはもちろんですが
公演の打ち上げで、芋煮を食べようという「食い気」も動機のひとつです。
さいわい、畑をタダ同然でおかりできることになりました。
ラッキー!

芝居をやろうと集まった座員たちと一緒に、
芝居以外のことに挑戦する。
そして、それが、芝居につながっていく・・・・
わくわくします。

畑。病みつきになったりして・・・・・

おっと、台本台本。
私はまた、夜な夜な家を出て、ファミレスで執筆です。
夜泣きに対応してくれている夫に感謝感謝です。

みなさん、今年のかんじゅく座公演「みのりの畑」を、どうぞお楽しみに!

火曜チーム。看板女優はケガでお休みですが、安心できる長年のメンバー。
image

水曜チーム。個性派集団に、ニューフェイスも加わって、若返りました。
image

Trackback(0) Comments(0) by 鯨エマ|2018-01-17 16:04

[鯨エマの海千山千] 記事数:1742

< 次の記事 | 前の記事 >

image
Bloger
鯨エマ
Ema Kujira

» プロフィールを見る

» 最近の記事
» カテゴリ
» 以前の記事
» 最近のコメント

ゆたりブログ



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)