ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[鯨エマの海千山千] 記事数:1697

< 次の記事 | 前の記事 >

道を知らないタクシー運ちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加

たまにタクシーを利用すると、
運ちゃんが、あまりに道を知らないのでびっくりすることがある。
先日は、夫がタクシーにのったら「甲州街道がわからないんだ、参っちゃうよ」と。
「あの運ちゃん、帰れたかな」と心配するほどだった。

そういえば、私が出産した日、
陣痛で、予め病院名を登録しておいたマタニティタクシーに、電話した時のこと。
同じ年頃の女性の運ちゃんがやってきた。
さすが、マタニティタクシーは、女性運ちゃんで対応するんだと感心したのも束の間。

「すいません、病院がわからないので、ナビしてもらえますか。」

なぬ?!?!

あたしゃ、陣痛なんですけどー!!!
同伴した夫がすかさず「俺が」と言ってくれたのですが、
思い返せば笑えない笑い話です。

さて、どうしてこんなに道を知らないのか……
聞けば「関西から出てきたばかりで」とか。
それにしてもナビを操作する手つきさえおぼつかないのは、
ご高齢のせいだろうか。
この年齢で、なにゆえ関西から出てきて、タクシー運転手という職を選んだのか……
想像できる過去、変遷は、決して明るいものではない。
もう年金もらってたっておかしくない年頃でしょうに。

一生仕事ができるというのは、ある意味幸せかもしれませんが、
住み慣れた土地を離れたということには、なにか、わけがありそう。

なぜか、街で交流する労働者は、高齢者と外国人ばかりのような気がします。
日本人の大学生とか、どこ行っちゃったんでしょうか。
人数が少ないから目立たないのか、親の脛をかじってバイトなんかしないのか……?

もとい。
東京には仕事がある。
そう思って上京する人が多い。
選ばなければ、仕事はあるだろう。
でも、ちょっと寂しい空気が漂う。
せめて、道を知らない運ちゃんのタクシーに乗った時は、
楽しい話をふってみようか。
悪いことばかりじゃやないと、思ってくれれば・・・。

Trackback(0) Comments(0) by 鯨エマ|2017-02-05 22:10

[鯨エマの海千山千] 記事数:1697

< 次の記事 | 前の記事 >

image
Bloger
鯨エマ
Ema Kujira

» プロフィールを見る

» 最近の記事
» カテゴリ
» 以前の記事
» 最近のコメント

ゆたりブログ



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)