ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[鯨エマの海千山千] 記事数:1714

< 次の記事 | 前の記事 >

共謀罪法施行の日に立稽古スタート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!智子役の鯨エマです。

今日から立稽古というワクワクする日にもかかわらず、
共謀罪法が施行される初日でもあり、
表現者の一人として、複雑な思いを抱えています。
「そんな過激な芝居をやっているわけじゃないでしょう?」なんて考えは甘いのです。
なんだって、かんだって、気に入らないやつはこじつけで逮捕されるでしょう。
たとえば今回の芝居も、
障がい者を主人公にした、切ない親子の物語・・・・と受け取っていれば、問題ないように思えますが
果たしてどうでしょう?

演劇でも映画でも、物語の多くは、マイノリティへの応援歌です。
社会的に不遇な目に遭ったり、理不尽な社会に苦しむ人が
希望を見出してゆく物語はたくさんありますよね。

でも、こういう視点で芝居を演出したら、どうなるんでしょう。
マイノリティの受け皿を作るべきなのは行政であり、
根強い差別を作り出しているのは教育の欠陥であり、
主人公の辿る結末は、福祉の遅れた日本社会を反映するものだ、、、、、と。
この芝居もあっという間に反政府演劇になって取り調べの対象になるのではないでしょうか。

考えすぎかもしれませんが、今日の稽古の帰り道に、
物騒な光景を見て、そんな日も遠くないような気がしました。
新宿通りの世界堂の前で、初老の男性が警官2人に挟まれたのです。
私はちょうど、赤信号で止まっているときにそれを見かけたのですが
ほんとうに、「いきなり」、すんごい近距離で挟み撃ちにし
職務質問を始めました。
それも、非常に威圧的な態度で。
警官はまだまだ若い、どうみたって片方は20代です。
その20代が、仁王立ちして腕組して、初老の市民を威圧しているのです。
「おい、ちょっとまってくれよ、オレ、そんなにあやしい?」
まあ、確かにエキセントリックな服装でいらっしゃいましたよ。
しかし、しかしです。
年齢も倍以上、上であろう人に向かって、あの態度。
これで、反抗的な受け答えでもしようものなら、あっという間にブラックリスト、
それどころか、逮捕です。

そんな世の中になったって、堂々、芝居をして生きてゆきたい、
私はそう思います。
私たち一人一人が、しっかりと政治、制度、政治家を監視する目をもって
早く健全な社会に戻るよう、努力してゆきたいものです。

そうそう、この芝居に出てくる国村先生という役は
リベラルな考えの人徳者です。
こういう人に、政治家になってほしいです。
台本の一部から、私が想像するに
国村先生は、大手銀行ではなく、地域の信用金庫を使っています。
自分のお金が、どこでどのように運用されているか
ねがわくば、心ある起業家に投資されるようにと
金の流れから市民の生活まで、きちんと考えている人なんです。
この素敵な人物を演じるのが、前田昌明さんです。
超ダンディーな85歳。彼の深い声には、惚れ惚れします。
この世代の方の発声は、すごいですね。
以前も90歳近い俳優さんに、どんな発声練習をしたんですかと聞きましたら
「そんなもんしない、マイクがなかっただけだ」ですって。
なるほど、納得です。

さて、今日の写真は、こんな陰気な政治の話とは裏腹に、
フレッシュ女子&さくらんぼ。

袴田さんを演じる、しのぶ女史がもってきてくださった、立派な大粒さくらんぼを
若手声優、舞台は今回が初めてという高橋夏季ちゃんが持っています。
(しのぶさんの写真を撮りそこなってしまった、すんません)
むちゃくちゃ濃厚な甘さのさくらんぼでございました。
ごっつぁんです!

さあ、暑さに負けず、がんばるぞー!

Trackback(0) Comments(0) by 鯨エマ|2017-07-12 01:01

[鯨エマの海千山千] 記事数:1714

< 次の記事 | 前の記事 >

image
Bloger
鯨エマ
Ema Kujira

» プロフィールを見る

» 最近の記事
» カテゴリ
» 以前の記事
» 最近のコメント

ゆたりブログ



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)