ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[鯨エマの海千山千] 記事数:1735

< 次の記事 | 前の記事 >

農家拝見

このエントリーをはてなブックマークに追加

トマト農園について、いろいろと調べています。
私が10年ほど前にお世話になった映画関係の方が
ご実家がトマト農園で、その話を聞いたときから
面白いなと思っていました。

いくつか農園をお邪魔する中で
面白そうな農家のホームページを見つけたので
さっそく見学を申し込みました。
大宮からバスで15分ほど。
畑ばかり、というほどではない、
家も、パチンコ屋も、コンビニもあるような地域に
そのおうちはありました。
高齢のお母さんが農家レストランを切り盛りし
娘さん、息子さんがそれぞれの畑を守っている、
そんな3人の大地を拝見です!!

見学は午後になったので、まずはランチをいただくことにしました。
ふつうの民家にたなびく、「日替わりランチ」の幟。

image
どこかのおうちにお邪魔するように、靴を脱いで入ります。
入ってびっくり、真ん中の長テーブルには団体のお客様がズラリ。
ずいぶん、人気があるようです。
メニューは日替わりで、おまかせの1種類。
セルフでお水をくんで、庭を眺めながらまっていると、
じゃん!!!
image

里いもご飯
ひっつみ汁
千枚漬け
豚と大根のソーキ煮
バーニャカウダ
旬菜盛り合わせサラダ
カスタードプリン

サラダには、自家製ドレッシングが二種類つきます。
無農薬のとれたて野菜で見た目にも美しく
なんと充実したランチでしょう。
2間をぶち抜いた客席には、遠くから食べに来たような方もいれば
常連さん、ご近所の方などもいるようで、
店主が親し気にはなしかけ、
キッチンから裏メニューなのか、別の総菜を持ってきて
お客さんに交じって食事を始めるのは、
なんとなく、ほほえましいというか、
お店っぽくなく、あたたかみがありました。
あ、これで1000円です。

さて、食事で満足した後、メインのトマト農園見学です。
息子さんが、露地野菜から、ハウスまで見せてくださいました。
農業関係以外の人が見学というのは、あまりないそうですが
私のいろいろな質問に、嫌がることなく答えてくださいました。

ぶっちゃけ、農業で食べていけるのか
自然災害のこと、とくに、先日の台風の被害、
辞めたいと思ったことは?
逆に、この仕事の魅力は・・・・?
などなどなど。
あ、これは、メキャベツです。
image
こんなふうになるんですね~びっくり。

気が付けば1時間45分。
印象的だったのは、お父さんの代で作っていた作物は
亡くなった後、売れなくなるという話。
作物は、作る人の信頼でもっているところがあるそうで、
同じように作っても、そのひとでないと、価値がないんだそうです。

さて、目玉商品であるハウス栽培のトマトを拝見。
列ごとに違う品種が植えられています。
image
最近の人気商品は「ぷちぷよ」という品種だそうで、
皮がサクランボみたいにやわらかく、
トマト大福に使われるんだそうです。
イチゴ大福のトマト版、ですね。
image
そのほか、「ぜいたくトマト」という名前のものもあって、
シンプルだけど、そそられるネーミングに感心してしまいました。
ちなみに、息子さんのお勧めはふつうのミニトマト「サンチェリープレミアム」
だそうです。

つづいて娘さん(お姉さん)のお話を聞きに・・・・
予約が伝わっていなかったそうで、申し訳なあったのですが
このお姉さんのお話が想定外の内容ばかりで
非常におもしろかったです。
開口一番「私は売れないものは作らないんです」
それほど広くない畑は、だれにも触らせない、自分だけが世話をするのだそうで
「この下にはビックリするような野菜がたくさん植わっていますよ」
それは、調理師の経験から、いま、トップレベルのレストランで
どんな野菜が必要とされているかを先読みし、
皿に盛りつけられた姿をイメージしながら育てたものだといいます。
種屋さんから新しい品種を買い、レストランに新しいメニューを提案しながら売る、
ほかの農家とはまったく同じ土俵に乗らない仕事なのだそうです。
研究のために、銀座の高級レストランへフルコースを食べに行くことも度々。
「お金かかってます」

帰り際に下さったのがこれ。
image
紅化粧大根。
このほかに、紅芯大根と言って外側が真っ白、中が真っ赤な大根をいただきました。
「サラダで食べてください」
お土産を膝に乗せ、充実した気持ちで帰路のバスに乗りました。
いろんなお話に、美味しい食事、来たかいがありました。

こんなふうに、親子3人が農業という々フィールドで
自分の夢を形にしてる。
もちろん、「辞めたいと思うことはしょっちゅう」という息子さんの言葉に象徴されるだけの
ご苦労があるのだと思いますが
おもしろいのは
「僕たち親子はまったく連携していないんです」
それが、よいのか悪いのかわからないけれど
私の勝手な想像では、お互いの作業が
いい刺激になっているのではないかと・・・・・
3者3様、素敵な方たちでした。

夕飯でさっそくサラダにした大根。
その色は「これが食品?」と思うほどの赤さ。
シャキシャキとした歯ごたえを、まずはドレッシングなしで楽しみ、
3分の1は酢漬けにしてみました。
食卓がぱっと明るくなる色彩。
野菜は芸術・・・・・、意外な発見をした1日でした。

さいたま榎本農園のみなさん、ありがとうございました。

Trackback(0) Comments(0) by 鯨エマ|2017-12-04 00:12

[鯨エマの海千山千] 記事数:1735

< 次の記事 | 前の記事 >

image
Bloger
鯨エマ
Ema Kujira

» プロフィールを見る

» 最近の記事
» カテゴリ
» 以前の記事
» 最近のコメント

ゆたりブログ



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)