ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[vege☆table] 記事数:109

< 次の記事 | 前の記事 >

いばらキッス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダジャレではありません!!
最近、登録された茨城イチゴのネーミングです。

先日、カルチャー講座の一コマとして、生徒さんたちと近郊の農家さんを訪問してきました。

水戸市にある「八木岡農園」さんへ。

こちらの農園はイチゴ作り21年目。
暖房器具は使わずに、LPガスでハウスをあたためたり、
ぬかを使って土の消毒をしたり・・・とこだわりの作り方で栽培されております。

八木岡農園さんでは「とちおとめ」と「いばらキッス」を作っています。
※ただし、「いばらキッス」は試験的に作っているだけで、残念ながら販売はされておりません。

写真は、「いばらキッス」

特徴としては、
・一般的なとちおとめと比べると、果肉が柔らかい → そのため、輸送が難しい(流通に不向き)
・色づくと黒っぽく赤くなる → 決して棚もちが悪いわけではないのに、お店にはいやがられる
・酸味は少なく、甘みが強い → 子供さんには食べやすいですね~

なぜ、新しいネーミングまで考えたイチゴがあまり作られないの?
→ 流通や店側で受け入れられず、売るルートが確保されないから

う~ん、この話どこかでも聞いた気がするな~

去年、県内のブドウ農園を訪ねた時も、とりあえず新しい品種を作ってみるけど、売り先が決まらないのですぐに作らなくなる、と。

まだ市場に出回る前に、その姿が消えてしまうなんて・・・悲しすぎる!!

そうならない為には、みんなの声が一番です!!
「おいしかった~」「また食べたい!」「来年も作ってほしい!!」

その声が反映されやすいのは、直売所です。

おいしかったもの、リピートして買いたいものは
ぜひ、生産者さんへ伝えたいものです。

※こちらのブログは3/5に上書きされ、内容が追加されています

Trackback(0) Comments(4) by ベル|2011-02-27 15:03

[vege☆table] 記事数:109

< 次の記事 | 前の記事 >

» 最近の記事
» カテゴリ
» 以前の記事
» 最近のコメント

ゆたりブログ



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)